ショッピングカートを見る
商品検索

rss atom
ホーム 7'' ATARI & sto cosi cosi / secret agreement under the city lights
ATARI & sto cosi cosi / secret agreement under the city lights
atari、sto cosi cosiっつー国内2バンドによるスプリット7''入荷。

まずatariですが、前作のデモをウチでも取り扱わせて頂いてまして、そのリリースがいつだ?もう5年とか6年とか前かな? メンバーの脱退があったり(元ギターの本島君はex-doopaminでもあり、現在はT.V.not januaryでも活動中!)で中々試行錯誤を繰り返したようですが、フィジカル音源としてはやっとこな、久々のリリースとなりました。前作デモから4人編成に変わっての初音源はbandcampでも公開されていましたが(コチラ)今作ではその流れも汲み、ストレートなパンクアティテュードを強めたような作風になっています。かと言ってただ単にストレートかといえばそうでもない異質さは健在。要所要所で自由に転がり回る楽曲の展開は、まるでおもちゃ箱をひっくり返したかのようなハチャメチャポップ感とでも言えるような感触。そして何よりもその異質さを演出しているのはやはりキーボードとポップメロディボーカルでガンガンに個性出してくるムツミ嬢の存在でしょう。影響を公言しているgauge means nothingでも存在していたポジションですが、そこに通ずる謎の存在感は楽曲やバンド全体のカラーを支配してしまう程のものがありますな。

続いて小岩を拠点に活動するエモバイオレンスパーティーピーポー、sto cosi cosi。録音自体は前作epと同時期に行われていることもあり(多分)、そちらのepをご存知の方にはお馴染みであろうorchid、shikari、reversal of manバリにハイテンションな素晴らしいエモバイオレンスを披露しています。海外エモバイオレンスレジェンドの影響は多分に感じ取れるのですが、さらに初期tiala、man fridayなんかの泥臭く熱いジャパニーズ最高のやーつーぽい臭いがプンプンするのも好印象ね。ということで全体的にも前作epの流れな楽曲群ですが、特に1曲目「evils」はそのドストレート感とダーク感、そしてもうシンガロングするしかないであろうシロー!クロー!熱唱も合わさって、もうこのバンドの必殺アンセム爆誕感ハンパないワケ。envyでいうところの左手、convergeでいうところのconcubine、的なアレね。違うか?いやまあ、個人的にはそんな感じ。ようやく今後のライブで観客巻き込みシロークロー大合唱のクッソ熱いやつ観れるんだろなー、ってのが正直なところ一番嬉しいやつです。試聴のみででも是非この曲は聴いてほしいところ。

実は私、atariにてギターで参加してまして。そんなこんなで個人的に馴染みのある2バンドによる音源ということで、正直親身になってしまいそうな心情を出来るだけ抑えつつ、出来るだけ客観的にレビューさせていただいたつもりですが、どうでしょうね?客観視できてないか!できてない?どう?自分も関わってる音源のレビューマジムズいっす!!
まあまあ、この長い時間をかけて作られたこのスプリット、まずはこのリリースを武器として様々なアクションや出会いをこの2バンドが起こせるよう、願っています。私的な内容で失礼!売れて欲しい!
両バンドとも3曲ずつ、計6曲収録。ダウンロードコード付きです。




・ 型番
self
・ 販売価格

800円(内税)

・ 購入数