ショッピングカートを見る
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
rss atom
ホーム CDR Fossil / Trial & Error ep
Fossil / Trial & Error ep
driftwood recordsからカナダ産エモパンクバンド、Fossilの音源入荷。程よくゴリっっとしたベースがグイグイ引っ張りエモくて疾走感、爽快感のある楽曲の上をしゃがれたボーカルが乗るスタイル。演奏も及第点、デモだとしてもなかなか良いレベルの完成度だと言える。ちょっとそれなりに売れそうだな、とも思える。…嫌いではない!!嫌いではないのだが…正直ありふれた音だと思ってしまったよね。いや、ありふれた音なことは悪いことだと思ってません。むしろ、俺はそういうベタなの程食いつく人間だし。ほんと微細なアレンジや音選び、演奏など、ありふれているからこそ光るものがあったりするしね。ただ、現時点で俺はこの音源にそこまクるものを感じ取ることは出来ませんでした。基盤となる演奏やコード感は良いものを持っているのは分かるので、これから自分らだけの特別な何かを持てるかどうかが勝負所か?といった感触でした。 4曲目の「nothing left to say」なんかは凄くポップでメロコア的要素や疾走感にエモさまで持ち合わせてて、そのうえインストっつーところがちょっと面白かったですよん。 しかし、まだまだだな!!!
…といっても、やはりそこは音楽。個人個人が何をどう好きなのかが分からないからこそ、こうして俺らは音源買って、たまにレビューに騙されたり、そんで自分でもディストロをしてみたりしてみなかったり、バンドやったりやらなかったり、ライブしたりしなかったり、打ち上げであーだこーだ身にもならない音楽議論を繰り広げたり繰り広げなかったりするわけですね。詰まる所あなたがどう感じるかはあなたの物であり、それこそあなた自身の確固たる事実です。その事実だけ信じて、そして愛情を持ってその感情に接してくれると、俺は、良いなあ、と!!思います。強制でやらなくちゃいけない事でもなく、好きでやってるだけの物なはずなのに、それすらいつしか予定調和で合わせて行かなきゃいけなくなる事も多いご時世。そういう素直な感情を持てるのはとても幸せなことだと、最近感じます。俺はそういう事も含めてこの音源の事が好きです。ポイズン。

レーベルインフォを見るところ、新作リリースの予定もあるのかな?そちらで見極めたいところですな。全4曲収録。どちらにしろ、曲ごとの音量は併せてくれ!!




・ 型番
DWR171 (driftwood recrods)
・ 販売価格

700円(内税)

・ 購入数