ショッピングカートを見る
商品検索

rss atom
ホーム CD Picture of Her & Document Not Found / Pressing Slight Against Ω
Picture of Her & Document Not Found / Pressing Slight Against Ω
まあついに出たわけです。特に俺はdocumentの音源心待ちにしてたんで、やっとキタって感じ。 Picture of HerとDocument Not Foundの両面ジャケットスプリット入荷。上記画像は左がdocument not foundジャケ、右がpicture of herジャケ。初めてdocumentのメンバーと話したのは…てこの話どっかで書いたからいいか。そんなことよりこの素晴らしいスプリットについて書きましょうか。

まずtoeやghost and vodkaなどのタイプのポストロックバンド、picture of herの2曲から始まるんだけど、1曲目がサンプリング多用したイントロからowen、american footballなんかを思い起こさせるナンバー。これが淡いボーカルと相まってすこぶる心地良い。2曲目も美麗なギターリフと雄大でテクニカルなドラムが気持よすぎるんだけど、1曲だけだと物足りなさを感じてしまって、俺はどうしても1曲めに目が行ってしまうかな。だから早く単独の作品でたくさん聴きたいね(とか書いたたら、これ書いてる時点で新譜出てたみたい、俺まだ聴けてませんが…)。最近俺はいわゆるポストロックって世間で言われているようなバンドの音に飽きてしまってるんだけど、ライブで見るピクチャーは既に独特の世界観を感じさせてくれて、こんな俺でもクソのってしまいます。

続いてDocument Not Foundの2曲。ウチでも取り扱っているデモから切れ味のあるジャンクっぷりはさらに深みを増し、より不穏に、バイオレンスに進化した超良曲収録。まーた、こっちもすこぶる良いよ。何よりライブで好きな曲1、2位だしね。特に2曲目の「よくある話」は、どんなに演奏がダメな日でも(失敬)絶対に俺をノラせる程の展開、リフ、テンションを備えた必殺必中のキラーソングですぞ。詞も外側に発するというより自分の内面に潜ってくような、それでいていい意味で伝わりやすい、凄く俺好みのものでグッド。前作デモではどちらかといえば日本のバンドの影響をより感じたけど、今回の作品では90年後期あたりのLevel Planeとかのバンドの匂いも多々感じ取れてワキモキしちゃいます。それでいて古く感じないのはセンスのなせる業なんでしょうかね。素晴らしい。

両バンドとも全くタイプが違うのに、一つの作品として綺麗に成り立っていて、そこにお互いのリスペクトのようなものを感じるのですがいかがでしょう?ドキュメントについては、今年3/21でドラムの佐々木君が脱退してしまいましたが、既に新ドラムも見つかって、夏にはライブ再開するようです。それまではこのスプリット聴いてキャッホイ!です。

・ 型番
self
・ 販売価格

500円(内税)

SOLD OUT