ショッピングカートを見る
商品検索

rss atom
ホーム CD phone / 離
phone / 離
栃木県足利市を拠点に活動しているカオティックハードコアバンドphoneの単独ミニアルバムです。2019年リリースってことで発売からかなり時間経ってるんだけど機会あって入荷。phoneありがとう。他で見て驚いたんだけど単独作って1stデモ以来みたい。そういえばそうなのか…。気が付けば活動歴もなかなかのものなんだけど、そうかそうかー、感慨深い…て何かスゲー既視感というか既書感あるなと思ったらこの前入荷してたricoltのミニアルバムのレビューでも殆ど同じこと書いてましたわ。じゃあもう書くことねーよ!でもおめでとね!まあシンプルにricolt同様、phoneも出会ってかなり経つけどまだガッツリやってるの嬉しいですわ。

初の正式単独作ってことで気合も入ってるんだろうけど、まさにその気合が凝縮されたようなブラストパートからスタートする怒涛のカオティックナンバー「依存症」がトップを飾るのは正にphoneらしいっすね。おっかないくらいエネルギッシュな演奏の中に複雑怪奇な変拍子や不穏なコード感満載の暴虐スタイルなんだけど、どこかにキャッチーさを兼ね備えてるところも魅力的。そんで個人的にphoneの真骨頂だと思ってるのは、そんな暴虐スタイルの中に組み込まれている美しくも狂おしい静パート。アンビエント調のインストトラックや、冒頭「依存症」やラストトラック「クソッタレ」なんかの中間での静パートのフレーズとかその差し込み方がほんと好き。センスの塊。これのおかげで暴虐カオティックパートが最大限に活きてるし、phoneが凡百のカオティックハードコアバンドに収まらない所以だよなー、と。その「クソッタレ」のギターピンの静パートのフレーズ、いつだったかライブのリハでギターボーカルのアキが軽く弾いてて「これ新曲に使おうと思ってるリフなんすよー、パクんないでくださいね!」みたいなこと言ってて、「なにそれengine down感あってすっげー良いじゃん!パクるね!」って返したら「エンジンダウンて何すか!知らない!あとパクるなよ!」て返ってきて。「なんでこいつengine down知らないのにこのフレーズが出てくるんだよ気持ち悪…天才かよ…」と思ったことを思い出します。あと全員演奏上手すぎて引く。

ということで内容としてはphone節全開の良きカオティックハードコア音源なのですが、1点不満があるとすれば…尺短い!シンプルにもっとこの世界観を味わいたい!ってことでやはりここはどうしてもフルアルバムに期待したくなりますね。
ここ最近はバンド主催の企画「カタルシス」も拠点足利で開催し続けて2021年6月現在その回数も8回目に。コロナ禍中ではその内容も河川敷や足利市の重要文化財である鑁阿寺で行われたり(鑁阿寺の方は残念ながらお寺の意向で場所変更になってしまったようだけど)、音源や楽曲のみならず試行錯誤やチャレンジが感じられて、名実ともに足利のシーンを引っ張る存在になっていることに尊敬の念を抱きます。こういった活動を経た後のさらなるphoneの表現に期待してます。
全5曲収録。



せっかくのなので去年発表された亡き友に送った新曲も聴いてみて。


・ 型番
ASKG-001 (BAD HUT RECORDS)
・ 販売価格

1,000円(内税)

・ 購入数