ショッピングカートを見る
商品検索

rss atom
ホーム CD VA / ろくろ
VA / ろくろ
3LAことLong Legs Long Armsによる初のコンピアルバム、ろくろ入荷です。レーベルオーナーである水谷氏によるセレクトのもと、日本のエクストリームミュージックを奏でるバンドたちの楽曲が揃っています。3LAが力を入れて探ってきたネオクラスト、ブラッケンドハードコアというジャンルを主軸に、さらにそこに共鳴を感じる音楽性のバンドなどを集めることをコンセプトにしているらしく、以前入荷したtill your deathのコンピにも通ずるものがありますね。肝心の収録曲リストはコチラ。

1. ILIAS - 存在と理由
2. The Donor - Kagerou
3. KUGURIDO - 桃源郷夜想曲
4. KLONNS - KNIVES
5. KLONNS - SODOM
6. SWARRRM - march
7. unfaded - 漆黒
8. PRIZE OF RUST - Decade
9. PRIZE OF RUST - Spectator
10. ENSLAVE - Killing Me Softly
11. Pterion - Schwein
12. ungodly - 蝕
13. Yvonxhe - Incessant Mournful Tale
14. Vertraft - MEMORIZE

個人的にはほぼ初聴のIlias、kugurido、unfaded、ungodlyの楽曲は新たな発見だったしthe donor、swarrrm、prize of rustの新曲も素晴らしい。前述のコンセプトの元に集められているとはいえ厳密に言えばスタイルもバラバラなバンドが並ぶけど、雑多に感じないのはやはりそのセレクト眼によるところが大きそう。しかしこのコンピで特筆すべきなのは付属された4万字超にも及ぶ各バンドへのインタビュー記事でしょう。この字面だけでもう正気の沙汰じゃない。「これはもはや3LA水谷氏の妄執だ」だなんてことをどなたかがツイッターで書いてたんだけどまさにそれ。内容の方も例えばそのバンドを初めて知る人にとって、バンドと楽曲への理解をより深める手助けとして最適のものになっておりこれが本当に素晴らしい。

この社会のほとんどの経済活動はまあそうなんだけど、ディストロやレーベルてのはまず「ここが扱っているのか、それなら間違いないな!」と思ってもらえないとイカンくて、少し前に流行った言葉を使うならインフルエンサーってやつか。正直そうならなければ存在意義無いのでは?くらいに自分は思ってる(そしてそうなれてない当ディストロは今すぐ畳んだ方がいいとも思っている、けどもうちょいやらせてね)。そうである為には例えば確かな知識、それを得る為のアンテナの維持、新しい概念の提示、きめ細やかな運営などなどいくつも必須条件があると思うけど、ことこの精神性を大事にするパンク、ハードコアという音楽を取り扱うときに前提として必要なのは「嘘偽り無く真摯であること」だと。3LAは当初からそうあり続けて前進し、結果多くのバンド、リスナーからその信頼を得るに至っているのはご承知の通り。そんで、この4万字超インタビューってのは現時点でのその活動の集大成に思えるわけ。どこぞのくそつまんねー知識もねー内容もねー、何なら炎上狙って煽ってバズるかー?wみたいなクソ小賢しくて卑怯で下劣でリスペクトの欠片もないようなインタビューやレビューとはまるで間逆の、正に真摯で含蓄のある質問よ。だからこそ引き出される名答の数々よ。これはまず信頼関係がないと成立しないインタビュー記事なのであって、水谷氏がその足で出会ってその耳で聴いてその目で観て繋がった全てなの。その真摯な足跡がこのコンピであり、このインタビューなの。こんなもん信用するなって方が無理でしょう。というおはなし。

ネットの発達で誰もが簡単にマイナーなバンドやその音源に辿り着けるようになった今現在にディストロ、レーベルがやるべきことの一例として、シンプルにこれは凄いと思いました。アナログな紙のインタビュー記事、しかも4万字超という力技でフィジカル音源を手に入れることへの意味付けを成したのもアッパレ。そんな妄執と信念と愛の塊であるこのコンピ、まず間違いなく感じ入る部分があると思います。是非手にとって触れていただきたい。ここから生まれる素晴らしいナニカが必ずあると思います。


・ 型番
3LA-018 (Long Legs Long Arms)
・ 販売価格

2,160円(内税)

・ 購入数