ショッピングカートを見る
商品検索

rss atom
ホーム 12'' Khmer / Larga sombra
Khmer / Larga sombra
ご存知スペインのネオクラスト番長、Khmerによる2ndアルバム。3LAことLong Legs Long Armsに加えWOOAAARGH、In My Heart Empire、Halo Of Flies、The Braves Recordsの5レーベルによる共同リリース、2017年作。日本国内では主にリリース、来日ツアーなどでも関係の深い3LAの尽力もあり、既に絶大なる支持を受けているこのKhmer。Ictus、El Egoなど強力なバンドを渡り歩いてきたキャリアも然る事ながら、このKhmerでも未だ止まらぬ進化とパッションには脱帽。

Livstidとのスプリット10''に収録されていた10分超の大作「HIMNO A LAS LLAMAS」が発表順の音源としては(ディスコグラフィーを除くと)前作となるのかな?あれはKhmerとしては確実に新しい試みでチャレンジや革新を大いに含んだ作品だったんだろうけど、正直曲単体として俺はあんまり…だったんだよね。まあ俺の保守的な性格も手伝って、さらに大好きなKhmerということもあって「いつものKhmerは?どこへ!?」てなっちゃったの。だから今回この2ndアルバムが出ると聞いたときもどう転がるのかがまるで読めなくて不安だったんだけど…
結果としてはスプリット10''で得た長尺荘厳さが、以前からKhmerの持ち味だった爆速怒涛ドラマティック感とうまいこと融合し活かされていて最高傑作に仕上がっていましたとさ。もっと言えばIctusが持っていたもの、やろうとしていたことにまで言及している気がする…のは勘違いだろか。いままでの作品よりも「このアルバム一枚で一つの作品なのだ」という意識を強く感じるんだよね。それこそあのIctusの大名盤「imperivm」に通じるような。今までならトップに置いていたであろう必殺爆速の曲の配置、効果的に運用されるインタールード的な曲、ラストはボーカル抜きの荘厳な楽曲で締め、などなど。んでもって楽曲単体ごともパワーアップしてるんだからこりゃもう手がつけられない。のっけから持ち前のメロディ美と構成美が火を噴くトラック1や2、血沸き肉踊る怒涛のトラック4や6なんかほんと素晴らしい。特にトラック4の「El Ardor De La Crueldad」は個人的にもう脳汁爆発よ。ドラムのアホみたいな手数のせいで実際のBPMより体感速度1.5倍増しみたいなこのノリにクッソ哀愁メロディアスギターが乗る様とか、ほんとこれライブで観たら脳みそ爆発して死んじゃうんじゃないか。総評、やはり最高傑作です。好き!

陰のある…というか陰そのもののアートワーク、陰鬱で内省的で孤独感を強く表しながらも希望を求め抗い決して諦めではないその歌詞の内容など、その世界観もとても素晴らしい、てか超好み。ちょうど同じ日にconvergeの新作「dusk in us」も買って同時に聴いたんだけど、ジャンルや内容、各々のバンドが目指しているところは違えどその妥協なき創作への姿勢や熱、ベテランの凄みにちょっとマジでやられてしまった。俺はもうただただ一ファンとしてこれからも彼らを追います。
全8曲収録。


・ 型番
3LA-022 (Long Legs Long Arms)
・ 販売価格

2,700円(内税)

・ 在庫数
残り1 枚
・ 購入数