ショッピングカートを見る
商品検索

rss atom
ホーム Tape Cape Light & 5000 / split
Cape Light & 5000 / split
新進気鋭、主に東京で活動する5000とcapelightとのスプリットカセットテープです。あからさまなDIY仕様な装丁はめんどいこと抜きにして愛しか感じないし、あとなんか最早懐かしさすら感じる。これを今20代前半の若者が作ったこと、それだけでもうおじさんは…ねえ?

5000は縦横無尽にバーストするカオティック激情。それこそ同時期にアップしたtill your deathのコンピに収録されておかしくないほどのカオティック感と知性を感じさせる完成度の高い楽曲を披露しています。Reversal of Man等の影響を独自の解釈で組み直した感アリ。狂気的ではあるんだけどそこはかとなく感じさせる理性、そして実験性。音的にはだいぶ離れるけどJenny Piccolo、Head Wound City、Some GirlsなどのThree One G系に通ずるハッチャケ実験性を感じる気がするんだよなー。音じゃなくて気概みたいな、ね。

対してのcape lightはより激情に沿った、それこそユーロ的な激情の流れを汲むエモバイオレンスな楽曲を披露。初期〜中期のloma prietaやblue friendの影響を存分に感じさせつつもそれを更新しつつ暴力性増し増しな素晴らしいエモバイオレンスサウンド。個人的にはこのレベルと志向のエモバイオレンスバンドが今日本に出てきたことに本当に感無量。5000と比較するとこちらはほんとにピュアな激情、エモバイオレンスに振り切っていて、それが隠しきれてないし、てか隠そうともしてないし、ただただ良い。てか好き。

blue friendが解散したことでほんとに落ち込んでたんだけど、その穴を埋めつつ盛り過ぎ!とまで言えるバンドが出てきたことに嬉々としながらも、若者の脅威に戦々恐々です。sans visageとかもそうなんだけど彼らが特に素晴らしいのはそのフットワークで、特にcape lightはマレーシアのシューゲイズ激情バンドEF'ILとのツアーをなんかほぼ勢いで敢行しつつ成功させ、色々あって潰れかけたsaddest landscapeの来日をサポートしたり、マジでその行動力には驚嘆の念に震えながら賛美を送りたい。そしてそういうのは間違いなくバンド力(特にライブ)に直で繋がるので、観るなら今です。マジで。新たな両翼の飛翔に立ち会うなら、まさに今です。そんなスプリット。両バンドとも3曲収録。ダウンロードコード付き。
※完全DIY仕様の装丁なので1つ1つの作りが若干異なりますがランダムで包装します。その作りも楽しんでいただきたい。


・ 型番
adabana records-1
・ 販売価格

800円(内税)

・ 購入数