ショッピングカートを見る
商品検索

rss atom
ホーム 12'' MNMNTS / The Good Life
MNMNTS / The Good Life
2011年、とある優良ディストロさんで購入して以来今でもローテ食い込みまくりの聴きまくり、っつークッソ嵌まってしまったバンドがおりまして。パクリ入荷で食いつぶし〜みたいになるかとも思ったんですが、好きすぎてどうしても日本国内でのこの音源の布教に一役買いたくなっての入荷と相成りましたとさ。それがコチラ、ドイツ産激情ハードコアバンド、mnmnts(モニュメンツと読むらしい)のアルバム。素晴らしいのです。

調べてみたところ、ten years a daya cas of grenadarachel cascadisko antiataatcolinaなどといったバンド(どれも初めて聴いた名だ、バンド名クリックでマイスペへ。ご参考にどうぞ)のメンバーによって結成されたようですね。そういったキャリアからも生まれたのか、普遍にして唯一無二たる作品となっております。音的にはshotmakerや初期yageに近い退廃的な感触で、それをさらにダークに染め上げてからのレイジングヘヴィネスハードコアひゃっほーい!てな勢い。シンプルながらもパワフルに曲を引っ張っていくリズム隊、乾いた歪みで抒情的に絡むツインギター、そして引き絞るように出しているんだけどどこかへなちょこで泣き出しそうな男臭いボーカルっつー、オーソドックスなスタイルも胸躍らせるわけですが、同じくドイツのeaves、engrave、そしてもちろんtrainwreckなどのバンドにも通ずる破壊力と叙情性の融合っぷりを彷彿とさせながらもどこかキャッチーさすら残した楽曲構成のバランス感がとんでもなく良いんです。そんでもって、普通こんだけやりきると曲のバラエティーに富んではいても統合性が無くなったり不自然なチグハグさを感じてしまうことが多いんですが、そういったことを微塵も感じさせず自分たちの曲、そして一つのアルバムとしての完成度の高さをこれほど見せつけてくるバンドはなかなかいないんじゃないかと。その辺はenvyの名盤、「君の靴と未来」を思い起こさせたりもするよね。センスの勝利。正直、今これほどの激情音源を聴かせてくれるとは思ってもいなかったよ、アッパレ。上記名前出したバンドのファンはもちろん、世代や好みまで越えて全激情ファンに聴いていただきたいド名盤。
文句なしの10曲収録。






・ 型番
#63 (adagio830)
・ 販売価格

1,500円(内税)

SOLD OUT