ショッピングカートを見る
商品検索

rss atom
ホーム CD Daïtro / Complete Discography
Daïtro / Complete Discography
フランスの激情レジェンドバンド、daïtroの完全なディスコグラフィー盤を入荷。特殊装丁や内容物に加えなんとCD3枚組という大ボリューム。これまでにも何枚か編集盤はリリースされていますが今回のブツは名実ともにコンプリートな紛うことなき完全盤です。

自分で書いておきながら「そうか、もうレジェンドとか自然と言っちゃうくらいにdaïtroも『過去』なんだなー」とか思っちゃいましたね。00年代の激情って個人的にはほんと青春って感じなので良くも悪くも色々と考えたり思い出したりしちゃいますね。初めて聴いたのはoto recordsからリリースされていた2nd、通称「白骨」で、激情には速くて暗くて短くて〜みたいなエモバイオレンスみを求めに求めていた俺にはあまり刺さらなかったのも覚えてます。来日公演でも対バンのheaven in her arms、nitro mega prayer、Zの方を目当てにして行ってた思い出。それが「おや…?これは…?」と初めて思えた曲がraein、lhasaとの3wayスプリットに収録されていた「Au bout de mes lèvres」。ドラムとトレモロギターから始まる静かめなイントロパートから全楽器隊が一気にグワッと入る瞬間が凄くて、なんか静かな雪山でいきなり起きた大雪崩というか、いやそんなの実際に見たことも聞いたこともないんだけど、ともかく大自然的な雄大さと暴力性の2面性というか、そんな壮大なイメージが見えて一気に「ああああああ、これすげー!」てなって好きになったことも覚えてる。その後に遡って聴いた1stにはさらにド肝を抜かれた。2ndで持っていた雄大さよりも暴力性というか初期衝動全開ながら他のどんなバンドでも聴いたことのないようなフレーズやアイデアに満ち溢れていててね。この1stは再発盤をウチでも取り扱っていたけど、それくらいほんと好き。時系列的には逆になっちゃったけど、その後リリースされたsed non satiataとのスプリットや更にその先の3rdアルバム「Y」でどんどんと贅肉を削ぎ落とし先鋭化していった姿も凄く印象的だった。まるで悟り開いて理合を手に入れた郭海皇みたい。
その全てが1作品としてパッケージングされてるってのがほんと良い。このディスコグラフィーはもう一本の映画…というかもう人の一生そのものくらいの作りになっているように感じます。10代のような危ういエネルギーに満ちていて自由に初期衝動を爆発させる1stを中心とした1枚目。大胆ながらもドッシリとした太い軸を一本据えた力強さのある青年期のような2ndを中心とした2枚目。無駄なものを削ぎに削いで円熟した壮年の旨味を雄大にまざまざと見せつける3rdを中心とした3枚目。まるで古い友人の人生アルバムをめくっていくような気分よね。

ここまでおっさんのつまらん回顧な感じになってるけど、この作品をdaïtroあんま知らないけど興味はあるなーてくらいの若者が買って聴いたりはするんだろうか?まあ手軽に手を出せる値段でもないし、言ってももういない過去のバンドであるしどうなんだろ。それでもおっさんはこれをあんま知らん若者とかが買って聴いて何か思ってくれたら凄く良いなーとか思います。
あ、巷では速攻でソールドになったようだけど既に2ndプレスも決定していて装丁も若干変化があるようなのでお好きなほう気になるほうをご購入いただければ良いと思います。転売屋さんは…まあ残念でしたね。ハハ!
CD3枚組、総40曲収録。

最初に好きになった曲を貼っておこう。


・ 型番
3LA-043 (Long Legs Long Arms)
・ 販売価格

4,950円(内税)

・ 購入数